ブロックチェーンゲーム制作チェーン -Minimal Arcade Medal-

ブロックチェーン技術、ゲーム作成のためのコード、ドット絵やアニメーションの作り方を解説するブログです。最終的に記事の内容を組み合わせることで誰でもブロックチェーンゲームが作れるようにしたいです。Micro Arcade MedalというdApps開発中です。

ブロックチェーンゲームが解決しなければいけない問題

ブロックチェーンゲームとは

Dappsとは

ブロックチェーンゲームをご存知でしょうか。


ブロックチェーンといえば、ビットコインや仮想通貨といった言葉を連想すると思います。


しかし、それらはブロックチェーンのほんの一部です。


ブロックチェーンがOSだとしたらビットコインはその上で動く一つのアプリケーションです。
gmailみたいなものです。あちらはメールを送ることができますが、ビットコインは仮想通貨を送ることができます。


ブロックチェーン上では様々な種類のアプリケーションを走らせることができます。


それらのアプリケーションはDappsと呼ばれています。
これはDecentralized Applicationの略です。


その名の通り、ブロックチェーンの技術を使ってアプリケーションを分散管理しています。

ゲームへの応用


その一つのユースケースとしてゲームがあります。


ネットで探せば様々なブロックチェーンゲームが見つかります。


一番有名なのはCryptKittyではないでしょうか。


CryptoKitties | Collect and breed digital cats!


ざっくり言うと、猫を育成して売買するゲームです。


しかし実のところ僕はこのアプリをゲームだとは思っていません。


仮想通貨のゲーミフィケーションといった言葉が正しいと思っています。


実際CryptKittyのWhitePaper(アプリの説明書)を読んでもゲームの側面を強調していません。


ブロックチェーンを技術者以外の一般の人にもわかりやすく、馴染みやすいものにしたいという啓蒙的な側面を強調しています。


なのでCryptKittyはゲームじゃない!というのはある意味当たっていると思います。


ただ、ブロックチェーンゲームへの世間の期待が大きいのでそのような失望の声があるのも事実です。


残念なことに多くのDappsゲームは現在ゲーム性が高くはありません。


開発中のものはたくさんあるのでこれからに期待ですね。

Dappsゲームの特徴


さてDappsゲームはブロックチェーンの特性上以下の性質を持ちます。

  1. 三者ではなくプレイヤーがアセットを保有する
  2. アセットの価値を保証する
  3. アセットが独自のものでコピーができないことを保証する


アセットはゲーム内の通貨やアイテムなどを指しています。


普通ネットゲームのデータは運営元のサーバーで管理されています。
パズドラやモンストでも通信してサーバーにアクセスしデータを取ってきます。


つまり実際にゲーム内のアセットを保有しているのはゲームの運営主体であるということです。


その気になれば、
運営はアイテムを取り上げたり、
アイテムの効果を弱体化させてアセットの価値を下げたり、
同じアイテムをたくさんばらまいてアセットの価値を下げることができます。


ブロックチェーンゲームではこれらの介在ができません。


つまりプレイヤーはゲーム内アセットを自分の資産のように扱うことができるということです。


それはゲームの中でお金を稼ぐということができるということにも繋がります。


仮想世界で第二の人生をおくる、といったことも現実になるかもしれません。


これらの特性を活かしてブロックチェーンならではのゲームを作りたいものですが、
多くの場合ユーザーから見ても、開発者から見ても、サーバーとかデータベースでいいじゃんって結論になります。


どのようなゲームを作るのかはまだまだ未開拓な分野です。


これから様々なブロックチェーンゲームが現れると思います。

ブロックチェーンゲームの課題


とはいえ、ブロックチェーンゲームは現状様々な課題を抱えています。


特に致命的だと思うのが以下の2つです。

  • スピードが遅い
  • 手数料がかかる


これはDappsがイーサリアムのメインチェーン上で実行されていることに起因しています。


イーサリアムを仮想通貨としてご存知の方も多いと思いますが、実はDappsをホストするプラットフォームとしての側面が非常に注目されています。


イーサリアムはDappsの処理と仮想通貨取引のマイニングをどちらも行うのでデータ通信量が大変なことになってます。


マイニングの仕組みはPoWというのですが、莫大な電力を使ってコンピューターに暗号を解かせることで現在のブロックチェーンは維持されています。


取引を行うたびに暗号を解くための計算をしなければいけないのでその分の時間がかかります。


また、この暗号の難易度は解くたびにどんどん上がっていきます。なので電力や時間はさらにかかっていきます。
そしてそれだけの大仕事をしてくれているわけなので、手数料をその人たちに支払う必要があります。


実際メインネットに上がっているDappsゲームはとても処理が遅いですしお金がかかります。


参加人数が多くなればなるほど、そのようなコストが大きくなるのでスケーラビリティに問題があります。


これはDappsへの敷居を高くしていると思います。


ちなみにビットコインも同じような問題を抱えています。

ブロックチェーンゲームの未来


上記にあげたようなスケーラビリティ問題に対する解決策は様々なもの出てきています。


サイドチェーンというメインネットから分離されたブロックチェーンを作ることのできるLoom sdk
1ゲーム1サイドチェーンを作ることができ、メインネットと比較して早く手数料も低いです。


また、サイドチェーンとメインネット間でトークンをやりとりできるPlasma Cashがあります。
これを使うと、ゲームを遊ぶときだけ動作が早いサイドチェーンを使って、遊んでないときはゲーム内アセットをメインネットに保管することで、高パーフォマンスと安全性が両立できます。


他にも様々な技術があります。
ブロックチェーンゲームを作る際にはこれらを積極的に取り入れていきたいですね。


ということで、ブロックチェーンゲームの現状についてでした〜。